UOKIオンラインショップ
1.桜鱒からとれる黄金色のいくら
『つきみいくら』
つきみいくらは桜鱒(さくらます)からとれる金色のいくらです。

桜鱒とは冷たい淡水の河川に住む山女(やまめ)が海に降った姿の呼称で、日本固有の鮭の仲間です。桜鱒は自然界では数が少ないため、株式会社Smoltは独自の養殖工程で育てています。
桜鱒のいくらは美しく、金色に輝きます。そのいくらを、新鮮なまま秘伝の味付けで仕上げました。
お出汁の風味とすっきりとした優しい味わいをお楽しみください。
2.山、海、そして地域とする
持続的な生産スタイル
SDGsに貢献する完全養殖

美しき渓流魚ヤマメは海に降り、桜の季節に生まれた川に桜鱒となって戻ってきます。つきみいくらは、桜鱒の生態に沿った循環型の完全養殖によって育てていますので、もっとも美味しくなったタイミングで採卵します。

幼魚期は高千穂の峰から湧き出る清らかな淡水で育て、その後澄んだ延岡沖の海水生け簀で臭みが無いように大きく育てます。
陸では昔からある養魚場の一画を借り、海では年末出荷を終え春まで生け簀が空く冬季にブリ・カンパチ養殖の生け簀を入れることで、地域と循環型の養殖を目指す取り組みをしています。

<淡水養殖場の様子>
<海水生け簀の様子>

自然にいる鮭鱒類と同じ環境に近づけるため、採卵前の桜鱒は再び淡水に戻すといった循環型の完全養殖によって育て、最も美味しくなった時にイクラや刺身にしています。

山と海を行き来するスタイルの養殖を約10年続け、累計100万尾にも及ぶ選抜交配を繰り返し、強く、丈夫で、立派な桜鱒を作り出しています。
3.だしの味付けは
西麻布の名店『福躍』が監修
採卵加工は宮崎県内にあるキャビア加工場に運ばれ、東京西麻布『福躍』が監修した優しいだしの味わいとすっきりとした後味が特徴のだしに漬けた後、CASによる急速凍結をしています。
<お召し上がり方>

シンプルにそのままで

巻き寿司にトッピング

カルパッチョにトッピング

そのほかにも…
・贅沢いくら丼
・マグロの山かけにプラス
・クラッカーの上にクリームチーズやスモークサーモンと一緒に

などがおすすめです。
内容 つきみいくら(サクラマスの卵)
保存方法 冷凍(-18℃以下)
賞味期限 製造日から180日
(賞味期限まで60日以上ある商品をお届けいたします)
配送料 0円
送り元 宮崎県又は静岡県