UOKIオンラインショップ
歴史ある酒田のいか

酒田港停泊中の若潮丸

酒田港は山形県北部にあり、江戸時代は最上川水運・日本海水運で大阪や江戸と交易をし、“西の堺・東の酒田”と称されほど栄えました。
近年、日本海の好漁場である“大和堆”へのアクセスも良く、漁業、特にいか釣り漁がとても盛んとなりました。現在水揚げされるするめいかは県内漁獲量の三分の一を占め、国内有数のするめいかの水揚げ量を誇っています。

また、同港は全国に5港しかない“船内凍結するめいか(船凍いか)”の水揚げ港の1つでもあります。
船内凍結だから高鮮度
この度ご紹介するいか商品は、山形県酒田市に生産拠点を置く『株式会社 飛鳥フーズ』製。
同社が買い付けるいかは、釣り上げ後、船内で急速冷凍する『若潮丸』で漁獲されたするめいかです。同船は、いか漁が解禁される6月から翌年の1・2月頃まで日本海を北上し、北海道沖やロシア海域までするめいかを追い、1尾ずつ船上に釣り上げ、船内ですぐに-40℃で急速冷凍することで、高鮮度を保ったまま港に持ち帰ることを可能にしました。

そんな“船凍いか”を、もっと多くの人に食べてほしいという思いを込め商品を作りました。

いかの一本釣り

船内凍結の作業

第八十六若潮丸

【左】漁労長 本間健氏
【右】(株)飛鳥フーズ 代表取締役社長 五十嵐七朗氏

13隻の漁労長が所属する山形県船友漁撈長会のリーダーで『若潮丸』の漁労長を務めるのは本間健さん。山形県唯一の有人離島“飛島”出身です。
飛島は穀物が育たず、昔は年貢をするめいかで納めるほど漁が盛んでした。全国にいるいか釣り漁船漁労長65人の約2割が飛島の出身と言われていて、いかを知り尽くしたプロが生まれる島です。
江戸時代から続く飛島漁民の遺伝子と心意気は現代まで脈々と息づいています。

船団出航式の様子


酒田市では毎年6月に乗組員の苦労に報いたいと、慰労と応援の気持ちを込めていか釣り船団出航式を行っています。
いか釣りの出航式を実施するのは全国でも酒田港だけです。
盛大な出航式をしてもらうと漁師の熱い気持ちにスイッチが入るそうで、石川県沖から北海道沖まで40日間いかを追い続ける事もあります。
若潮丸のお刺身するめいか
若潮丸が日本近海で釣り上げてすぐに船内で急速凍結したするめいか。
和食の職人は、繊維の硬いするめいかを包丁で細かく切断することで、やわらかく、噛めば噛むほど旨みと甘味を出しやすくしています。(株)飛鳥フーズは、買い付けたするめいかを極細カットや深切製法でカットし、和食職人の包丁技を表現しています。
口当たりの良く旨味のある細切りにしたお刺身を是非お楽しみください。

セット内容

納豆と合わせて

商品名 若潮丸 船内凍結お刺身するめいか
内容・容量 酒田港 船内凍結するめいかそうめん2枚(70g)×3、
いかの肝醤油200ml
保存方法 冷凍(-18℃以下)
賞味期限 製造日から365日